COMPANY 会社情報

ミッション

CORPORATE SLOGAN 経理、その先へ

ファーストアカウンティングは、世界に通用するAIの力によって、
〈正確で早い会計〉と〈戦略経理〉を実現し、お客様の幸せと社会の発展に貢献します。

各企業が国際的な競争力を高め合う現代において、経理に求められる役割が大きく変化しようとしています。
これからの経理には会計責任という従来の〈守りの役割〉から、自社の業務改革・組織変革をリードし、
経営の意思決定に資する〈攻めの役割〉が求められているのです。

そのためには、煩雑で手作業の多い経理業務のプロセスを改革し、
〈攻めの戦略経理〉として活動するためのリソース確保が必要となります。
ファーストアカウンティングでは、AIによる経理のデジタルトランスフォーメーションを実現し、
経理の可能性を最大化することを目指しています。

これらのミッションをクリアするには、前例のない事例であっても果敢に挑戦し、
お客様のご期待にスピーディに応えていくことが非常に重要である、と当社は考えています。

代表メッセージ

採用応募者へのメッセージ

ファーストアカウンティングが目指していること、
創業の想い、理想の組織をつくるために大切にしていること。

会社は人によって組織され、集まった人によってサービス・製品が生み出されます。
優れたメンバーを集め、その方々が気持ちよく働ける環境を作ることが、
私の重要な仕事であると考えています。

サービス紹介

経理の業務支援が
必要となる理由

経理DXを推進する、経理特化型AIのSaaSカンパニーとして

AIの力で膨大な作業を自動化

ファーストアカウンティングは、会計ソフト自体を開発する企業ではありません。
会計ソフトへの情報入力を入り口とし、今までの技術では自動化を進めることのできなかった領域の課題を深層学習を用いたソリューションで解決しています。

例えば、「証憑」と呼ばれる領収書やレシートの画像解析から仕訳の自動化といった領域は私たちがパイオニアであり、技術優位性を発揮できる分野です。会計の自動化を通して、決算のスピード化や、膨大な繰り返し作業でありながらRPAだけでは自動化が実現できない業務を、AIの力によって実現する技術力が私たちの強みです。

今後の展望

特許を多数取得しつつ、着実かつスピーディに足下を固めながら、グローバルな事業展開やインボイス制度・請求書電子化など新たな経理領域のソリューション展開を視野に入れて計画を進めています。

また、大手企業様からも信頼をいただけている証憑処理の自動化支援ソリューションを磨きつつ、深層学習の技術により会計分野にさらなる革新的なソリューションを提供できるよう、日々研究・開発を重ねています。

私たちが掲げる「経理、その先へ。」というビジョンに共感し、
チャレンジしたいと熱い思いのある方はぜひいっしょに実現しましょう。

事業の将来性

事業の強み

  1. マーケットから信頼される
    プロダクトであること

    • AI OCRベンダーの適用業
    • 国内マーケットシェア大手会計ソフトウェア、経費精算システムベンダーと協業

    会計関連のOCRシェア46.3%

    デロイト トーマツ ミック経済研究所株式会社より発刊された「OCRソリューション市場動向 2021年度版」AI OCRベンダーの適業用務処理別売上・シェアにおいて、請求書および領収書業務で国内シェアNo.1を獲得

  2. さまざまな既存のERPや
    会計ソフトと連動させて利用可能

    経理システムを入れ替えることなく、経理DXを推進できるメリットから大企業での導入が進んでいます。

    ファーストアカウンティングの
    導入実績

    会計ソフトウェア

    • 第1位
    • 第2位
    • 第3位

    経費精算ベンダー

    • 第1位
    • 第2位
    • 第3位

    TOP3すべてに
    ファーストアカウンティングの製品が導入済み・導入予定です

  3. 企業規模が大きいほど、
    経理特化型AIのメリットが大きい

    請求書や領収書の読み取りから自動仕訳、読み込んだ領収書やレシートの画像を解析、クラウド型経費精算システムの入力データとの照合もAIが行います。RPAを活用して、上長承認や経理部での確認作業などのワークフローも自動化し、経費精算業務を効率的に実施することが可能です。

今後の展望

ファーストアカウンティングは、会計ソフトで使用する領収書の読み取りAI-OCRの提供からスタートし、仕訳AIや領収書突合の自動化など経理に関する様々なサービスを創出してきました。

設立当初は特定の会計ソフトベンダー用の開発がメインでしたが、技術力の高さが支持されたことで、短期間のうちに国内のほぼ全ての会計ソフト、ERPソリューションでファーストアカウンティングの製品が使えるようになりました。さらに2020年9月には、クラウド型経費精算システムの最大手「SAP Concur(コンカー)」との連携も実現しています。

現在は社員数が増加するとともに、IPOも目前に迫っている中で、2つの方向性で事業拡大を計画しています。

海外への進出

1つ目が、中国やシンガポールなどAPAC(Asia-Pacific=アジア太平洋)への進出です。AI-OCRやAI仕訳を英語や中国語対応にすることで新たにアジア市場を開拓していきたいと考えています。

そもそもAIにとっては日本語の請求書や領収書を読み取るのが一番難しいので、既にそれをクリアする技術を持っているファーストアカウンティングにとって海外進出のハードルは高くないと認識しています。さらに海外では日本ほどERPや会計ベンダーがないので、連携するソリューションが少ない分、より迅速に事業拡大が見込めます。

請求書の電子化

2つ目は請求書の電子化です。2023年10月から日本でも電子インボイス(請求書)のネットワークが始まる予定で、日本の大手企業での電子インボイス導入を見据えて事業拡大を計画しています。

当社の社名には、「経理業務のスピードアップと効率化を図る」という意味が込められています。電子インボイスの普及で、世界中に電子請求書を安全かつ迅速に送信することが可能となり、グローバルなビジネスに挑戦する企業の経理業務のスピードアップと効率化に貢献できると考えてます。

日本国内でのPeppolを用いた電子インボイスの運用開始に向けて準備を進めるとともに、経理DX推進企業として、Peppolの活用を積極的に広めていきます。

基本戦略:
3つの円の交わる領域で勝負

3つの円の交わるところに エンタープライズの経理に特化!

事業を成功させるためには、経済的・心理的な豊かさで社会に貢献できること、情熱をもって世界一を目指せる領域であることが必要です。

AIの力によって単純で煩雑な作業を効率化し、社員がやるべき業務に時間を有効に使うことができれば、生産性と働きがいの向上が実現できます。

私たちは、会計経理領域の業務課題解決のスペシャリストとして、今後も「早い会計」に特化したサービスを展開することで、あらゆる企業に価値を提供することを目指しています。